Webサイト作成スタッフ奮闘記

Webサイト作成スタッフの日々の仕事情報、感想、私事など他の人に伝えたいことを綴っていくためのブログです。

TANOSHIKAホームページ作成サイトに見積り事例を入れようと検討しています

TANOSHIKAホームページ作成サイトからの集客がうまくいっていないので、ホームページ制作事例のページを掲載しようと思っています。

現在、「ベーシックプラン」「スタンダードプラン」「プラチナプラン」を設定して、それぞれ、2万~10万円、10万~50万円、50万円~100万円の価格設定をしているのですが、オリジナル画像や動画の価格設定が不透明になっています。

そこで、ベーシックプランには、美容院。スタンダードプランには、飲食店。プラチナプランには、ペットショップ(通販サイト構築含む)を事例にして、およその見積額を提示しようと思っています。

当初は、シリウスで全部を作ろうかと試みたのですが、レイアウトがうまく表現できないので、デザインチームにページ作成を頼もうと思っています。原案はできたのですが、価格設定については、担当者にチェックしてもらって進めていく予定です。

クライアントが設定した価格を基準に発注を検討する可能性があるので、なるべく透明性のある価格になるようにしたいと考えています。デザインさえできればサイトへの掲載はすぐにできるので、今月末をめどに、作業が終わるように勧めていこうと思っています。

 

muto

TANOSHIKAホームページ作成サイトのサテライトサイトを作ってみました。

TANOSHIKAのホームページ作成サイトを作成し公開しているのですが、受注実績が上がっていないので、切り口を変えたサテライトサイトを作ってみました。

最初は、自身の勉強も兼ねてワードプレスで作ろうとしたのですが、適当なテーマやプラグインがわからず、SEO対策も不明な点があったので、久しぶりにシリウスを使ってサイトを作り直してみました。

サイトタイトルは「集客できるホームページの作り方手順8つのポイントとは?」というサイトです。効果がでてくるのにしばらく時間がかかるとは思いますが、サイト作成の依頼が来るようなサイトになればいいなと考えています。

しばらくシリウスを使っていなかったので、再確認もできてよかったのですが、まだ知らない機能もたくさんあるので、いろいろ勉強しながら仕事に使っていきたいと思っています。

 

muto

AKARIのPV数を上げるために何をすべきか考えてみました

AKARIのPV数を上げるために、何から手を付けたらいいか悩んでいます。

現在、AKARIのPV数は低迷しています。11月頃から急激に減少して、若干の上がり下がりはあるものの、記事数を増やしているにもかかわらずPV数は上がりません。

10月まで順調に推移していて月間PV数が1万PVを超えていたのに…。

googleアルゴリズムの評価基準が変わったのが原因だと推定していますが、SEOのレポートを見てみると、googleの検索品質評価ガイドラインで定義されている「E-A-T」や「YMYL」というWebページ・サイトの評価項目が関係しているように思えます。

レポートによると、この評価項目を満たして、googleから評価されやすいサイトにするためには、「サイト自体や情報の専門性、信頼性を高めて、権威性の高い信頼できるサイトを築き上げるようにSEO対策をすることが重要となる。」とのことです。

このことは、社長にも報告しましたが、まだはっきりと指示は出ていません。こちらから提案しようと思うのですが、「質のいい記事を増やすこと。」「専門性を高めるにはどうしたらいいか。」「アクセスの少ない記事のテコ入れをどうするか。」など色々と考えて優先順位を付けた対策表も作っては見たのですが、これでいいのかと悩んでいます。

とりあえずは、少しづつでも進めていくようにとのことなので、今できることから手を付けていこうと思います。

 

muto

AKARI外部ライターさんの記事がすべて納品されました

外部ライターさんへ依頼していた記事が全部納品されました。全部で6件の記事が出来上がりました。

今回初の試みで、特に難しい条件も付けずに、低価格での依頼でしたが、出来上がった記事を見ると、それぞれが個性のあるもので皆さんいろいろな経験をされているのがうかがえました。

一方で、googleの新しい検索評価ガイドラインが加わったためか、11月以降のAKARIのPV数の変動を見ると、記事数が増えているにもかかわらず、PV数が低迷しています。

SEOのレポートを調べてみると、「E-A-T」「YMYL」というWebサイトの評価項目が関係しているのではと思われます。

従って、AKARIのPV数を上げるためには、量より質を重視すべきと判断すべきではないかと考えています。

そこで、外部のライターさんへ依頼する記事の質を上げるべく、記事のガイドラインを注意事項として付けようと提案書をまとめてみました。注意事項はgoogleの新しいガイドラインと従来からのSEO対策を踏まえたもので、レベル的にはかなり高度なものになりました。まだ、検討段階なので何とも言えないのですが、次回の外部ライターさんへの発注には反映されることを期待しています。

 

muto

 

外部ライターへのAKARI記事執筆依頼の経過報告

AKARIの記事を外部ライターへ執筆依頼した件の経過報告をします。

「ランサーズ」からは2件、「クラウドワークス」からは、5件(1件は未契約状態)の応募がありました。外にも3件お問い合わせがありました。

現時点では、ランサーズの2件は納品、検収、支払い、評価まで完了して、記事はAKARIに掲載されました。クラウドワークスの方は1件は、納品、検収、支払いが終わりました。3件は執筆作業中です。

どのライターさんも低価格にもかかわらず、それぞれの体験談をきちんと書かれており、一安心しているところです。

今回の出来具合で、今後の方針が決まる予定ですが、いずれにしても障がいをお持ちでその体験談を世の中の人に伝えたい方がたくさんいることがわかり、外部のライターさんを活用してAKARIを充実させていくことができることを期待したいと思います。

 

muto

Webマーケティングのマニュアル類の整備の件2

前回、始めたWebマーケティングのマニュアル類のWeb化が、ほぼ終わりました。

Webマーケティング関連の書籍の要約集がメインですが、これらをWordPressで他のメンバーが閲覧できるようにWeb化しました。

WordPressのテーマが適当なのがなく、4種類ほど試してみましたが、4つ目で何とか形にはなりました。今回は、PDFファイルを埋め込むプラグインを使ったので、思ったより早く出来上がりました。

後は、メンバーにいかにして活用してもらうかが課題ですが、問い合わせフォームを付けて、意見、要望、感想をメールで送ってもらえるようにしましたので、今後のバージョンアップに活かしていきたいと思います。

明日の終礼時に、メンバーにアピールする予定です。

 

muto

Webマーケティングのマニュアル類の整備の件1

これまで続けてきたマニュアル類の整備について検討しています。

今日まで十種類以上のマニュアルを作成してきましたが、内容によって、Webに掲載したり、Word・Excelで作成してPDF化したり、冊子にしたりで、試行錯誤で作ってきました。WordPressでも作ってみました。

数が増えてきたので、管理も大変なので、Webに統一しようかとも思ったのですが、使いやすさという点では、人それぞれなので、色々迷っています。

最近作ったのは、WordPressで作ったのですが、使いやすそうなので、PDFと冊子のものを移管しようかと作業をしています。ただ私自身のスキルが未熟なこともあり、苦戦しています。テーマ選びやプラグインの使い方など課題も多く時間がかかりそうですが自分の勉強にもなるのでやってみようと思っています。

目途が立ったら、また、報告するつもりです。

 

muto